BLOG ブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

21日間の魔法

こんにちは、地元の個人塾と大手集団指導塾、大手プロ家庭教師を経て2006年から学習塾を経営している前田です。

今回はみなさんに「ちょっとやってみてほしいこと!」を書いていこうと思います。これに共感してこれを実践できれば人生が変わるかもしれません!※宗教ではありません。

今回の記事もいつものように穏やかな心で読んでいただけると嬉しいです。

いきなりですが、「成功できたらいいな~」と思うことはありますか?もちろん成功と言ってもみんな違いますよね。定期テストでの成功であったり、部活での成功、友人関係、恋愛、ゲーム、大人なら家族、仕事が中心ですかね。では、成功の鍵ってなんでしょう。今回の答えは「情熱!!」ではありません。もちろんあれば絶対よいですけどね。

成功の鍵、それは続けることだと思います。小さくてもいいのでとにかく続けること。20年間塾の講師を続けてきて、「成功した!」とはまだ言えないけど、最近は成功の途中にいるような気がしています。気がしているだけかも(^_^;)

でもこう思っちゃいますよね。そりゃ続けるのは大切ってわかるけど、それができたら苦労しないって。

そこで、仕事は続けているけどそれ以外のことが続かない私が続けられたものの一部を紹介しますね!何かヒントになれば嬉しいです。

1つ目は懸垂。始めた理由、30回できるようになりたい。特に情熱なし。結果、約2年間毎日続いて35回までいけるようになりました。目標達成で現在は休止中。

2つ目、食後の食器のお片付け。特に情熱なし。結果、毎日続いて現在も継続中。

2つ目は、当たり前やろ!とツッコミたくなると思いますがご勘弁を。ただ、2つとも特に情熱はなく始めたのですが、あることを意識したら、やらないと心がソワソワしてついやってしまうようになっていたんです!

では、どうしてそのようになったのか。それは心理学を意識的に使ってみたからなんです。心理学の中に行動心理学というのがあり、21日の法則ってのがあります。これはすごい魔法で、簡単に言うと「21日間それを必ず毎日続けたら、それが習慣になる」というものです。つまり、21日間毎日続けることを意識して続けただけなんです。

とは言ってもなかなか続かないもの。私の場合ですが21日間続けられたポイントは、達成しやすい段階的な目標であったことと人が喜ぶことだと思います。

懸垂の場合は、スタートは6回でした。ただ、来週は7回、再来週は、、、みたいにちょっとずつ無理のない目標設定と小さい達成ができることがよかったんだと思います。そして、食器の片付けも奥さんがきっと喜んでくれている!と運びながら横目でちらちら喜んでいると思われる顔を想像できていたことが良いのだと思います。

要は、自分に合った続けられる要素を入れるのが大切なんだと思います。ざっくりですいません。。。

ちなみに、懸垂はなぜやめたかというと、風邪で30分くらい咳をしていたら、肋骨にヒビが入ったようで痛くて痛くて1カ月ほどできなかったんです。つまりやらない日々が21日以上続いてしまい、やらないという魔法がかかってしまったんです。目標の30回も達成したし「終わりでいいか!」ということで休止中です。

最後のは悪い例として、この21日間の魔法を生徒の勉強や生活にも取り入れられたら良いなと考えながら、子どもたちや親御さんと話しをすることがあります。単語練習や漢字練習って続かないですよね。でも毎日続いたらきっとすごいことになると思います。

どうでしょうか。大切なことを続ける習慣が身についたら人生は変わると思いませんか?みなさんも何か21日間続けてこの魔法にかかってみてはどうでしょうか。

以上、「みなさんにちょっとやってみてほしいこと」でした!

次回も少しでもお役に立てる記事を書きたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

CONTACT お問い合わせ

目的に合わせたコースをご用意!
まずはお気軽にお問い合わせください。